収入が多いだけでは、お金持ちや億万長者にはなれない事実

現在、あまりお金が無い人は「とにかく収入を上げたい!」という願望を抱くことが多いようです。

ですが、果たして収入を上げただけでお金持ちや億万長者になれるのでしょうか?

まず、お金持ちとは、お金(お金に換えることができる資産)を所有している人のことです。

そして億万長者とは、手持ちの資産から借金を引いた額である純資産が1億円を超えている人を指します。

とすると、いくら収入が多くなったとしても、仮に使い切ってしまい手持ちがなければ、お金持ちとは言えず億万長者にはなれないのかもしれません。

まず貧乏人の潜在意識を捨て金持ち脳(マインド)を作れ!

金持ち脳になる

貧乏人は貧乏脳だからその状態なのであり、金持ちは金持ち脳になった結果、多くのお金(資産)を所有するに至っている」と言われます。

そして、認知科学者・経営者である苫米地英人さんは著書の中で、金持ち脳について以下のように述べています。

収入よりも支出が少ない状態が当たり前とインプットされている脳

別の言い方をすると欲望をコントロールできる脳ということのようです。

前述のように収入が多くても使い切ってしまえば、お金持ちにはなれません。

別の言い方をすると、例え収入は今のままでも使う額が半分になれば、手持ちのお金は増えていくはずです。

また、多くの人が考えたことがあるであろう「年収が上がったらお金を貯めよう」は失敗することが多いようです。

要するに、今が自転車操業だったら、いくら年収が上がっても常に自転車操業になってしまうということかもしれません。

ですので億万長者になるためには、以下の記事で紹介している潜在意識に働きかけるCDやDVDを活用し、借金癖などの貧乏マインドを捨てて金持ち脳になることが最初のステップと言えそうです。

参考記事:「潜在意識のブロックを外しお金持ち脳になるCD・DVD集」

金持ち脳を実現した後は、当然収入が多い方が有利

年収が上がっていく

上記のようにまず金持ち脳になることが重要なわけですが、もちろん年収を上げていったほうが有利であることは間違いありません。

年収が低いままだと億万長者になるまでに、時間がかかり過ぎてしまうからです。

そして、年収というのは1,000万円・3,000万円・1億円とステージによって異なった特徴があるようです。

ここで年収別の特徴を見てみましょう。

年収1,000万円になるには?その特徴とは?

まずは、一般的なサラリーマンの方が思い浮かべる高所得者のラインである年収1,000万円の特徴から。

年収1,000万円については「年収1,000万円の○○術」とか「○○○で年収1,000万!」のような書籍が沢山あるようです。

比較的想像がつく人が多い(憧れるけど手が届きそう)ため、そのようなテーマの本はマーケティング的に売れやすいということが理由なのかもしれません。

そして1,000万円は努力・根性で何とかなるようです。

要するに仕事やビジネスを物量的に増やすだけで到達できる世界。

また、いわゆる「良い学校を出て良い会社に入り、ある程度出世する」という一昔前に多くの日本人が目指していたステレオタイプな成功レールに乗れば、難なく到達する世界でもあります。

年収3,000万円になるには?その特徴とは?

年収3,000万円となると物量面での努力・根性以外に、人間的な+アルファが必要となってくるようです。

例えば講演家・著者の本田健さんは、小金持ちの定義の一つに年収3,000円以上という目安を示しており、大好きなことを仕事にしていることがクリアーする一つの重要ファクターであると紹介しています。

また、ネットビジネス界で極めて大きな成果を出している小玉歩さんは、年収3,000円以上稼ぐには人間的なノリの良さが必要だと言っています。

書籍においては年収1,000万円をタイトルにしたものよりも少なくなり、やり方よりも習慣や意識、センス等をテーマにしたものが多くなるようです。

一般的な職業だと「上場株式会社取締役、外資系株式トレーダー、開業医」といったいわゆる成功者として想像されるものになります。

ちなみに一昔前まで稼げる士業の代表格だった弁護士は、近年かなり厳しい状況のようです。

年収1億円ステージの特徴とは?

年収1億円の世界は、努力をしないことおよび空気を読まないことが特徴のようです。

まず「努力をしないこと」というのは2つの意味があります。

1.夢やゴールに突き動かされているため努力と感じない。

イチロー選手は学生時代、1年のうち360日以上自主練習をしていたと言います。

これは傍からすれば大変な努力に見えるかもしれません。

では、本人は努力をしていると感じていたのでしょうか?

答えは否でしょう。

私たちは夢やゴールに突き動かされているとき、一般的にはありえない物量をこなしても努力とは感じないようです。

2.レバレッジを活用し戦略的に無駄な努力を手放す。

年収1億円と言う世界は、雇用やアウトソーシング(他人の時間)や借入(他人のお金)というレバレッジを上手く活用しないと、実現は難しいのかもしれません。

また、後述しますがビジネスではなく投資や投機の場合にも、年間に億の稼ぎとなると信用取引(他人のお金)というレバレッジを活用する必要性が出てくるようです。

そして、あまりに忙しく働いていると、レバレッジの活用を検討・実行するのが疎かになってしまうこともあるため、あえて戦略的に根性・努力を手放していくことも必要なのかもしれません。

次に「空気を読まないこと」。

これは、無駄なことに脳みそを使っていては年収1億を稼ぐには至らないということにつながっています。

このあたりのポイントは、月1,500冊以上の読書家・年1億を稼ぐ社長である清水有高さんと副社長の平田悠貴さんの動画(一月万冊)が、とてもわかりやすいと思います。

余分なことに頭使っていないんだよね。
なんか空気読むとかみんなと仲良くやるとか、そういう善人であろうとしてない。
自分のWantto(やりたいこと)に忠実に従ってる。

ちなみに一月万冊は、ビジネスや経済面はもちろん趣味、恋愛など人生の様々な面に役立つ、メッチャおすすめのYouTubeチャンネル&ブログです。

年収を上げ金持ちになる具体的行動の3ステップとは?

ビジネスや投資で稼ぐ

億万長者になるためには繰り返しになりますが、金持ち脳になることが大切。
ですがいくらCD音源などで脳内を変えても、行動しなければ残念ながら収入は増えないしお金持ちにもなれません。

ですので早くお金持ちになりたいのならば、マインドを変えながら同時に(小さな)行動も積み重ねると合理的と言えそうです。

では、具体的にどのような行動をとれば良いのでしょうか?

まず収入を増やす手段は、ビジネスor投資(短期トレードを含む)が王道のようです。

上記は大ベストセラー本「金持ち父さん貧乏父さん」をはじめ様々な書籍や、実際に億を稼いでいる人のセミナーなどで語られています。

ただビジネスor投資といっても、あまりも選択肢が多いため何から手をつければ良いのか混乱されてしまうかもしれません。

そこで以下に参考となるような3つの行動ステップ(モデルケース)とその理由を紹介いたします。

ステップ1:手持ち資金10万円を意地でも作る

もしあなたの手持ちが10万円未満であるならば、意地でも10万貯めることが先決と言えます。

理由は、正直あまりにも金持ち脳と程遠く収入を増やす以前の状態だからです。

潜在意識書き換えCDを使って脳内を金持ちマインドにシフトさせながら、まずはお金を残すという習慣作りに集中することが吉です。

ステップ2:FXトレードで収入を増やし資産1,000万円を築く

収入を増やす方法としてはビジネスor投資(短期トレードを含む)があり、その方法は多種多様です。

手持ち資金が少なく個人が副業レベルで始められるものに限定したとしても「せどり、アフィリエイト、オークション、株、FX、仮想通貨、不動産」などなど。

その中でも資産1,000万円レベルまではFXの短期トレードを行うことが一番効率が良いようです。

理由は次のとおりとなります。

  • アフィリ等の無在庫ビジネスは、初利益までの難易度が超高い。
  • せどり・オークション等のビジネスは、手間がかかりすぎる。
  • 株式トレードは、日本証券市場09:00〜15:00に仕事中で不可な方が多い。
  • 株式等の長期投資を1,000万円未満で行っても、利益額がかなり小さい。
  • 仮想通貨は取引所やトレードツール等の整備が不完全であり不安・不便。
  • 手持ち資金1,000万円未満での不動産投資は、そもそもナンセンス。

上記についてFXの短期トレードなら全てクリアしていますし、レバレッジという優れた武器も存在します。

ですので手持ち資金が少ない方が億万長者への行動を起こす場合、他の手段ではなくFXによって1,000万円を築くことから始めるのが吉なわけです。
(※なぜFXのみでいきなり1億を目指さないのかは後述します)

ただし初心者のFXトレードには3つの壁が存在します。

具体的には、、、

  1. 1.チャートから売買のシグナルを読めるようになるまで時間がかかる。
  2. 2.損切りルールを確立したり守ることが難しい。
  3. 3.世界の機関投資家が仕掛ける「だまし」を避けることが難しい。

という3つです。

ですがこの3つの壁も、以下の「ドラゴン・ストラテジーFX」のような優れたシグナルツールを使用することで、難なく超えることが可能です。

このドラゴン・ストラテジーFXは、切った貼ったのギャンブル感覚でトレードを楽しみたい方にはオススメできません。
ですが少ない元手を1~3年で着実に1,000万円レベルに増やしたい初心者の方には、切実にオススメしたい極めて優れたFXシグナルツールです。

ステップ3:株の長期投資や不動産投資も駆使し資産1億円まで増やす

さて手持ちの資産が1,000万円を超えてきたら、全額FXトレードでのフルスイング運用は止めておいた方が近道かもしれません。

理由は、何かの拍子に強欲や怒りの感情が出てきて自滅する可能性があるからです。

もちろん「30万円を100万円に増やすトレード」と「3,000万円を1億円に増やすトレード」に必要な行動は同じです。
(※単に掛け金が違うだけ)

しかし、実際にトレードをやると分かりますが感情面が全然違ってきます。

にわかには信じ難いかもしれませんが「ここまで稼いだんだから一気に億超えてやろう!」とバカみたいに強気な行動に出る場合があります。

また、100万レベル時代と同じ損率でも負け金額自体は大きくなるので、急に怒りや不安が込み上げてきて「次のシグナルで負け分を全部取り戻してやる!」と自暴自虐なハイレバレッジトレードを行なったりもします。

上記を避けるというか、仮に上記の行動をとってしまったとしても振り出しに戻ることを防ぐため、別の投資資産に資金を振り分けていく。これは一種のリスクヘッジです。

FX口座には常に軍資金1,000万円を残しつつ、増えた分は口座から引き出して株式を買う(場合によっては不動産も)という形態にシフトし、着実に純資産1億円を築いていきます。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

億万長者になるためには、まず金持ち脳(収入よりも少ない支出で生活していくのが当たり前とインプットされた脳)になることが重要です。

何事も「0(ゼロ)」から「1(イチ)」を始めることが一番エネルギーを要しますが、下記の参考記事で紹介するCDなどを活用しつつ まずは実践してみると意外と簡単に突破口が開けるのかもしれませんね。

参考記事:「潜在意識のブロックを外しお金持ち脳になるCD・DVD集」

そして金持ち脳を作りながら、実際に収入を上げる手段としての具体的行動の3ステップは次のとおりです。

  1. ステップ1:手持ち資金10万円を意地でも作る
  2. ステップ2:FXトレードで資産1,000万円を築く
  3. ステップ3:株の長期投資なども駆使して資産1億円まで増やす

この点、多くの方はステップ2から始めることになると思いますが、もしあなたがFX初心者である場合に超強力な武器となってくれるシグナルツール(売買のポイントをメールやシステム画面で分かりやすく教えてくれるツール)が以下の「ドラゴン・ストラテジーFX」です。

最後に、実は億万長者になるために一番重要なことは、あなたが大好きなことを楽しんで行なっていくことなのかもしれません。

嫌いなことを我慢して億万長者になれる場合もありますが、その前にストレス死してしまうかもしれませんから!