ストレスがたまりにくい方法や解消する方法ってあるの?

人は1人では生きていけませんが、人と一緒にいると時として人間関係のストレスに付きまとわれることもあるようです。

三次元の世界における人間の生活というのは、なかなか難しい側面があるものですね。

心理的なストレスは原因が複雑で、下手をすれば慢性化してしまう場合もあります。

他人と付き合っていく上でストレスがたまりにくい方法や、たまってしまった場合にうまく解消する方法はあるのでしょうか?

ホント、人間関係はストレスがたまる。

ストレスがたまる

私たちが物理的に存在しているこの世界を生きていると、どうしても様々なストレスを受けます。

ほしいものが手に入らない、体が疲れる、物事を行うのが面倒臭いなどストレスの原因は無数に考えられます。

人間関係もそうしたストレスの原因の1つです。

それどころか、ストレスを生み出す最大の原因は実は人間関係だと言っても過言ではありません。

人間は群れで暮らす生き物であり、常に他人と折り合いをつけて生きていく必要があります。

一方で人間も他の生き物と同じように、基本的に自分の利益を確保することを考えますから、他人との間に利害の対立が起こるのは避けられない側面があるようです。

その利害の対立は、他人が自分の思い通りに行動してくれないとか、相手が自分を排除しようとするという形になって表れる場合もあります。

また自分がストレスを感じているのと同じように他人もストレスを感じていて、そのストレスを解消するために互いに嫌なことを言い合ってしまう場合もあるでしょう。

まったくストレスのない人生はおもしろくないのかもしれませんが、必要以上のストレスは大きな問題です。

人間関係のストレスがたまるとどうなるのか?

ストレスには人間関係などの心理的なものや、寒いとかお腹が空いたという身体的なものがあります。

どちらの場合も仕事や勉強などの作業効率が悪くなったり、意識が散漫になったりしてミスをしたりするという症状が現れます。

これは決して良いことではありません。

ただ、人間関係などの心理的ストレスには、原因の解消が難しいという厄介な特徴があるようです。

寒いとかお腹が減るというストレスは、服を着たり物を食べたりすれば解消しますが、人間関係はそう簡単にはいきません。

例えば苦手な人がいるからといって「明日からまったくその人に会わない」というわけにはいかない場合も多いでしょう。

ストレスが解消できない状態がいつまでも続くと、うつ病などの健康障害が起こる恐れもあるようです。

また、飲酒や喫煙の増加や暴飲暴食の原因につながることもあります。

何より精神衛生上よくありません。

人間関係のストレスに積極的に対処すべし!

人間関係のストレスに対処すべし!

人間関係のストレスは避けられず、しかもそうしたストレスがたまると上述のような不都合があります。

では一体どうすればいいのでしょうか?

ストレスを軽減したり、解消したりすれば良いのです。

まずは、受けるストレスを減らすことを考えてみましょう。

苦手な人がいるなら、無理にその人に慣れようとするよりも、可能であればその人と距離を置く方が対処法としては効果的です。

例えば仕事であれば、その人と違う作業をさせてもらうよう上司に頼んだり、その人がいない部署への異動を願い出たりすることができるかもしれません。

また視点を変えて熟慮してみることで、無理にその仕事を続けなくとも良い方法を見つけることだってできるかもしれません。

すでにストレスが蓄積してしまっていると感じる場合は、その解消を考えるのが吉かもしれません。

よく言われることですが、趣味を持ったり体を動かしたりするのは1つの方法です。

汗を流したり、厄介事を忘れて楽しんだりしてリフレッシュするのです。

映画を見たり音楽を聞いたりして、のんびりするのもいいでしょう。

例え一時的でも構わないので気持ちをスッキリさせる習慣を持っていると、ずっと悶々とし続けるのと比較してかなりストレスを解消しやすくなります。

さらに、人に気持ちを打ち明けるのもストレス解消に有効な場合があります。

あまりに長時間・高頻度で愚痴ばかり言うと嫌がられるかもしれませんが、私たちは完全に一人では生きられない存在なのですから、身近な人に少しぐらい愚痴を聞いてもらってもいけないことではないでしょう。

一方で、あまりにもストレスが大きい場合は、カウンセリングへ行くことを選択肢に入れると良いかもしれません。

まとめ。

人間関係でストレスを受けるのは、群れで暮らす生き物である人の宿命とも言えます。

ストレスゼロの生活を実現するのは難しいので、できる範囲でストレスを減らすことを考えましょう。

嫌いなものから逃げるのも重要な戦略です。

無理にストレス源と向き合うことは逆効果になる可能性もあります。

また、汗を流したりリラックスしたりして、リフレッシュする習慣を生活に取り入れましょう。

バラ色の人生とまではいかなくても気持ちが少し楽になるかもしれません。